もっとお得に節約しながら懸賞に応募するには?ただより高くならないために。

更新日:

ただ応募するだけでなく、少しでも節約するために懸賞をしている方も多いですよね。
キャンペーン内容によっては、無条件に応募できるような懸賞も多くあります。

「ちょっとでも節約して生活したい…」
「お得に買い物したい!」
「懸賞でたくさん当てたい!」

そんなアナタはぜひ、ご紹介する方法を実践してお金をかけずに懸賞をはじめてみてください。

この記事の概要

  1. インターネットから応募して節約
  2. 郵送料負担ゼロのハガキで応募して節約
  3. 無条件の懸賞に応募して節約
  4. 宛先は間違わないように明記して節約
  5. 自分が当たるイメージが浮かぶ懸賞に応募する
  6. 応募したことを忘れてる懸賞ほど当たる
  7. 書き損じハガキは捨てずに交換!
おすすめ
楽天トラベル 旅行 懸賞広場の記事
無料宿泊券が当たる!懸賞広場って?

・毎日頑張っている自分へのご褒美・気分転換、リフレッシュ、リラックス1年に1回は楽しみたいことといえば旅行🛬 でも、いざ旅行するとなると交通費・宿泊費・食事代などお金がかかってしまうから簡単には行けな ...

続きを見る

インターネットから応募して節約

インターネットは、いまや定額制にしてる人が大半ですよね。
もちろん契約条件を確認する必要はありますが、日頃調べ物をしたり動画を閲覧したりといったことをしてる方は、ネット環境が整っているでしょう。

定額ならそれ以上は通信料金がかからないので、ただで応募することができますね♪

節約したいときは、ぜひインターネットからの懸賞に応募しましょう。

郵送料負担ゼロのハガキで応募して節約

通常、ハガキを書いて応募する場合や専用の応募用紙を使ってキャンペーンに応募する場合、郵送(切手)代がかかります。

しかし中には、雑誌などのアンケートで「料金受取人払」郵便になっているハガキが添付されていることがあります。

この「料金受取人払」のハガキの場合、応募するときにわざわざ切手を貼る必要がなく、ただで送ることができるんです!

「料金受取人払」郵便 例

「料金受取人払」郵便とは…予め郵便局が承認した、差出人が送料を負担しなくていい郵便物のことです。

つまり、差出人である私たち(料金受取人払のハガキが付いた雑誌を購読した人)は、無料で応募することができちゃうんです!

せっかくただで応募できるのに、応募しないわけにはいきません!
雑誌のアンケートは賞品が用意されてるものが多いので、ぜひ見逃さずに応募しましょう!

無条件の懸賞に応募して節約

懸賞の中には、条件があるものと無条件のものがありますよね。

懸賞は大きく分けて2種類

オープン懸賞…購入などの条件があるもの
クローズド懸賞…無条件で誰でも応募できるもの

何か商品を購入したり、サービスを利用したりして条件を満たすことで応募できる懸賞のことを「クローズド懸賞」といいます。
逆に、何か購入したりせず、無条件に誰でも応募することができる懸賞のことを「オープン懸賞」といいます。

オープン懸賞の身近なものとして、各社のホームページやアプリ、LINEなどで行われている「応募ボタンを押すだけ」で応募完了できるものなどがあります。

また、無条件ではないですが、

・Twitterで行われている「フォロー&RT(リツイート)」で応募完了!

・Instagramで行われている「フォロー&いいね!」で応募完了!

…etc.

何か買わなくても応募できる懸賞も多くあり、探してみると意外とオープン懸賞ってあちこちで開催されているんですよ。

もちろん、クローズド懸賞も各所で開催されているので、応募条件の対象商品を日頃から使っていたり、対象サービスを利用していたりする場合にはぜひ参加したほうが良いです。

しかし、「節約しながら懸賞したい!」というときには無理して買わず、オープン懸賞のキャンペーンを見つけて応募するのがおすすめですよ♪

毎日生活していく中で、身近なところで無条件の懸賞をやってないかチェックしてみてくださいね。

宛先は間違わないように明記して節約

こちらは、官製はがきなどに手書きして懸賞に応募する場合です。
ハガキで応募するときは、送り先(宛先)の住所や名前を間違わないように記入しましょう。(当たり前のことですが…大事です!)

もし間違えてしまった場合、ハガキを修正すると書き直す時間がかかります。
また、修正すると汚くなるからと新しいハガキに書けば、その分のハガキ代もかかってしまいます。

書き損じたハガキは郵便局で交換してくれる場合があるので、新しいハガキ代はかかりませんが、また郵便局に行く手間を考えるとちょっと面倒ですよね。

まずは書き間違えないように、しっかり応募要項を確認しながら記入するようにしましょう。

自分が当たるイメージが浮かぶ懸賞に応募する

懸賞に当たる秘訣は、とにかく応募してみることです。
しかし、むやみやたらに応募して当たるものではないですよ!

あまり欲しくもない賞品に応募したり、クローズド懸賞で対象商品を大量に買わないといけなかったり…あまりおすすめできません。

では、どんな賞品の懸賞が良いのか。
当たるイメージが想像できる懸賞に応募すれば良いんです!
ちょっと精神論みたいですが、「自分が実際にその賞品が当たった様子を思い浮かべられる懸賞に応募する」ことです。

「コレに当たりそう!」みたいな直感に頼って応募してみても、意外と当たるもんですよ。(確証はありませんが…。)

あまり欲しくない賞品より、本当に欲しい賞品に運を残しておきたいですし、クローズド懸賞でお金がかかりすぎても本末転倒です。

応募するだけ無駄!なんてことはありませんが、節約するためには欲しい賞品に目星をつけて応募してみるのがおすすめですよ♪

応募したことを忘れてる懸賞ほど当たる

こちらもちょっと精神論みたいな話になるんですが…。
懸賞の1つ1つに執着していないほうが「当たってる」気がします!

「あの賞品の当選発表まだかな~」と、はっきり覚えてる懸賞ほど何だか当たらない…。
それより、応募したことを忘れるくらい、色々な懸賞に興味を持って応募してみることが大切です。

1つの賞品に執着するより、その間に他の賞品に応募するほうが、”気持ちの節約”になります。

気になる懸賞はどんどん応募して、応募したら一旦忘れるようにしましょう。

書き損じハガキは捨てずに交換!

書き損じハガキについては先述しましたが、ここでもう一度ご紹介します。

書き間違えて失敗した書き損じハガキは、郵便局に行けば対象のハガキ等と交換してもらえる場合があります。

ハガキの種類によって、交換してもらえるハガキのタイプが変わりますが、郵便局窓口に持っていけば教えてもらえますよ。
また、切手などにも交換してもらえるようなので、未使用の古い切手を一緒に交換しに行ってみては?
詳しくは、郵便局のホームページでチェックしてみてください。

ただでお得に当てるために♪

今回は、懸賞マニアによる懸賞の節約術をご紹介しました。
懸賞に当たればお得感がありますが、当たるためには【時間×お金×労力】も同時にかかってきます。
「ただより高いものはない」という言葉がありますが、懸賞こそこの言葉とうまく付き合っていくことが大切ですよ。

自分の生活と照らし合わせて、必要と感じられる懸賞に参加してみましょう。
ぜひ節約しながら、もっとお得に懸賞を楽しんでくださいね♪

Copyright© ただ当たりたいだけ。 , 2020 All Rights Reserved.