はがき懸賞で当てる5つの裏技♪当選確率をアップさせたいなら実践しよう!

更新日:

前回は、懸賞にあまり応募したことがない人へ『当たる』ためハガキの基本をご紹介しました。

今回は前回よりパワーアップして、当選により近づくための大切なポイントをご紹介していきます。

目次

  1. 必要な情報は黒ペンで明記する
  2. 相手にメッセージを添える
  3. 目立つように装飾する
  4. 郵便屋さんにもメッセージを添える
  5. 四隅を軽く折ってから投函する

この記事を読むことで、懸賞で当選するための「裏技的テクニック」を知ることができます。

小学生のときから懸賞マニアの私が実際に行っている、懸賞のすきまテクニックを紹介していきますよー!
すきまのポイントを押さえてるだけで当選に近づける!?
実践していて損はない…はず!

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

おすすめ
はがき懸賞に応募!当てるコツ・書き方教えます♪part2

この記事を読むことで、 懸賞をはじめようとしている初心者さんや、あまり応募したことがないという人も、懸賞に応募するうえで大切な基本的なコツを知ることができます。 今回は、その中で『ハガキ 』を使って応 ...

続きを見る

必要な情報は黒ペンで明記する

懸賞ハガキは「黒ペン」をメインで使って手書きしましょう。

黒インクだったら、ボールペンや水性ペンなどでもOK!
(裏写りしないハガキの場合は、油性マジックでも構いませんよ。)

青色や茶色のペンでもいいけど、誰でも見やすい色はやっぱり黒!

なんだかんだで、やっぱり黒ペンのほうが見やすいですよねー!

住所や名前など間違えられたら困るようなものは、黒色のペンを使ってはっきりと分かるように書きましょう!

相手にメッセージを添える

番組の感想や意見など、主催者側に向けたメッセージを書き添えましょう

住所・氏名・年齢・電話番号などの最低限の必須項目だけでなく、相手に向けたメッセージを添えることって実はとても大切なんです!

メッセージを書くことで、実際の気持ちや思いをのせることができますよね♪

感想や意見を求められている場合はもちろん、特に求められていない場合でも、感想や意見などのメッセージをぜひ書きましょう!

目立つように装飾する

キャンペーンの内容に沿ったイラストを書く

キャンペーンに応募するときは、そのキャンペーンの内容に合わせたイラストを描き添えてみるのもおすすめ!

マスコットキャラクターや商品名をイラストで可愛く描けば、目立つだけでなくその企業をしっかり認識していることをアピールできちゃうんです!

忠実に描いても良いですし、自分らしいテイストにアレンジして描いてみても良いですね。

見やすくデコレーションする

装飾してるほうが断然目立つ!

応募ハガキは、シンプルよりデコってあるほうが目にとまりやすく、結果的に当たりやすいです♪

しかし、ギラギラのゴテゴテにデコレーションしすぎても良くはありません。
良くないというか、読みづらい…。

せっかく手にとってもらったのに、「何に応募したのか 」 「誰が応募したのか 」 などが見づらくて読めず「無効」になってしまう…なんてことも。

装飾するのはとても大切なことですが、ギラッギラにはせず、見てワクワクするようなデコハガキを目指して描きましょう!

ハガキの側面に蛍光ペンを使って色をつける

ハガキの側面も大事なキャンパス!
ぜひ蛍光ペンやマーカーを使って、ハガキの側面に色を付けましょう。

実はハガキの側面って、抽選のときにチラッと色が見えて、気づいてもらいやすい大切なスポットなんです!

ハガキの裏表ももちろんデコレーションすることが大切ですが、このハガキの側面もしっかり色をつけているだけで、気づいてもらえる確率がぐーんとアップ!はずせないポイントなんですよ。
ぜひ蛍光ペンやマーカーを駆使して、ハガキの側面にも色を付けましょう!

切手を使い分けて貼る

ハガキを書き終えたら、あとは切手を貼るだけ♪そのときに通常の切手を貼ってはいませんか?

実は、貼る切手の内容も大切なポイント!
郵便切手には様々なデザインがあるので、そのデザインを生かして応募内容に合わせた切手を使い分けて貼りましょう!

応募するのが旅行やツアーなら【景色や風景が描かれた切手】を、キャラクターグッズなら【キャラクターが描かれた切手】を選んで貼るのがおすすめ!

裏面は手書きのイラスト、表面には可愛いデザインの切手で装飾すれば、目にとまりやすいハガキの完成です♪

切手を貼る前はメモ代わりに。

切手の貼付部分には、「○/○ 消印」などとメモしておくのもおすすめ!

日付を忘れがちな人は、備忘録として使えます!

切手を貼る部分より下に書いておけば、もしかしたら郵便屋さんも締切日を気にしてくれるかも!?(これは、ちょっと他力本願ですね…!)

ハガキの表面も裏面も有効活用して、書いていきましょう!

郵便屋さんにもメッセージを添える

郵便屋さんにメッセージを書く!?

どういうこと…?????
実は、これも大切なポイントなんです!

郵便屋さんは、懸賞に応募するハガキを大切に届けてくれます。
その郵便屋さんがしっかり届けてくれるからこそ、懸賞にだって当たるんです♪

そこで!ぜひとも郵便屋さんに「お礼」を伝えましょう!!!!

郵便屋さんにメッセージを書くと良い理由

  • 送り先までしっかり届けてもらえる
  • 純粋に感謝の気持ちを伝えられる

切手を貼る付近のスペースを使う!

切手を貼った少し上の部分、ここに郵便屋さんへ感謝の気持ちを書きましょう。

メッセージを書くと言っても、一言程度です。

正直、これで当選確率がアップするかというと…そうじゃないと思います。
しかも、この部分に書いていいのかも分からないですが…。 笑

切手部分には消印が押されるので、絶対的に見てもらえます!
ぜひ、お手紙を書いてる気分で書いてみてください♪

四隅を軽く折ってから投函する

ハガキの四隅は少しだけ、ほんの少~しだけ折り曲げてから投函するようにしましょう!

なぜかというと…
四隅を折り曲げておくことで、他のハガキとピタッとくっついて離れない!ということを防ぐことができるんです!

年賀状などをもらったときに、何十枚も重なったハガキがめくりづらかった…という経験、 皆さんもあるのではないでしょうか?
新品のハガキだとなおさら、1枚1枚取りづらくなってしまいます。

そこで有効なのが、ハガキの四隅を折ること!

この一手間があるだけで、ハガキ同士のピタッが防げます。
これで、応募したハガキに気づいてもらえないリスクを減らすことができ、当選確率もアップ!?

これなら、ポストに投函する前にパパっと行えるので簡単ですね。
ぜひ試してみてください♪

ちょっとしたコツが当たるコツ!

いかがでしたか?
今回は、懸賞ハガキで当たるためにできるテクニックを5つご紹介しました。
ちょっとしたことばかりですが、実は大切なコツだったりします…!!

せっかく時間を使ってハガキを書くなら、当たるモノにしたいですよね。
ぜひ実践してみてください♪

Copyright© ただ当たりたいだけ。 , 2020 All Rights Reserved.